作家・籘真千歳のブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読者の皆様へ】新作の発刊にあたり、お礼とお詫びと生存報告
長いお暇を頂いておりました、籘真千歳です。
この度、早川書房のご厚意により、明後日6月24日に拙作二冊目になる
『スワロウテイル人工少女販売処』をお届けできる運びになりました。
『スワロウテイル人工少女販売処』(ハヤカワ・オンライン内)
まず、長い間お待ちくださった『θ 11番ホームの妖精』の読者の皆様に、
心よりのお詫びとお礼を申し上げます。

ご心配の声や、たくさんの励ましのお言葉を頂きました。
二年間、ご期待に添えない無念に身を焦がす思いが募る日々でありました。
焦っても空回りし結果に繋がらない中で、何度か心が折れそうになりました。
その度に『θ』のご感想を振り返って人様のページカウンターを無闇に増やし、
皆様より頂いたご感想や励ましを思い返して涙しながら気持ちを奮い立たせて、
ようやく一冊の形にできました。
上下巻への分割も検討したほど、文庫としてはだいぶ分厚い本になりましたが、
早川書房様および編集担当様のお許しを頂いて、めい一杯までお時間を頂き、
全身全霊をこめて書き上げました。
『θ』とはまた違う読み味でありますので、ご期待に添えるものであるか、
未だ心落ち着かないのですが、『θ』の書き手はこんな書き方もするのかと
広い心でお楽しみいただけたら、いち創作者としてこれに勝る喜びは
ございません。

昔から物語を書くのは好きですが、日記は三日続いたためしがない性分で
ありまして、ブログで紹介した愛犬の突然の他界もあり、長いことブログも
mixiも放置してしまい、皆様には大変ご心配をおかけしました。
何度か記事作成画面まで開くものの、言い訳や愚痴のようになってしまうことが
自分で許せず、ウィンドウを閉じてしまうという繰り返しでありました。
しばらくは生死不明の二年間の四方山や近況など、折に触れ記事に致したく
思っておりますので、雑多な徒然ではありますが、生存確認がわりに
ご訪問ください。

また、早川書房様からは格別のご配慮をいただき、
『スワロウテイル』と同じ頃に発売の『S-Fマガジン 8月号』で
インタビューを掲載してくださいました。
物語は作者の顔や名前を忘れて読んで頂きたいという思いから、
今まで顔出しは避けて参りましたが、
老舗名門の代表的刊行誌のご厚意を賜るにあたり思い切りを致しました。
墨塗りは裏の項目を汚してしまいますので、見苦しければ遠慮なく
個人情報保護シールや笑い男マークなどを施してお隠しください。
(というか、顔は是非忘れてください)

ここまでご通読ありがとうございます。
今後も研鑽を絶やさず、よりいっそうお楽しみいただける作品を
お送りできるよう邁進して参りますので、
どうぞ末永く、よろしくお願い致します。


                  2010年6月22日 籘真千歳


P.S. twitter始めました。ブログよりお手軽で気に入っております。
顔見知りもおりますので身内ネタが横行していますが、お気軽に
フォローまたはご閲覧ください。
TomaChitoseをフォローしましょう

P.S.2 『θ』の続編は何らかの形でと検討中です。
忘れた頃になってしまうかもしれませんが、いつかお届けしたいと
思っております。山のようにあるプロット他がいつか日の目を見られるよう、
頑張ります。

P.S.3 『θ』の発売後に「いつかパイルバンカー書きます!」と
宣言しましたが、本当にやりやがりましたので、
『スワロウテイル』でちらりと出てきたら笑ってやってください。
スポンサーサイト
Copyright © 籘真千歳の夢見がちなプロセッサ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。