作家・籘真千歳のブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スワロウテイル人工少女販売処』短編第二回 無料ダウンロード
『スワロウテイル/幼形成熟の終わり』が発売されてから二週間が過ぎまして、ようやくひと息つくことができました。
あらためて春から今日までのスケジュールを振り返ってみると――

「あれ……? 春の次は秋だっけ? 夏って何? 美味しいの?」

 ……うん、おかしいです、色々。
 肩こりが酷かったのに、突然何も感じなくなったので、不思議に思って整体師さんに相談したところ、

「限界越えてますよ。限界過ぎてるから肩こりを感じないんですよ」

 『幼~』に続いて短編『~雪割草』の執筆にすぐに取りかかったので、少々の肩こりぐらいで音を上げるわけにはいかないと頑張ってみたのですが、書き終えた途端、耐えがたいまでの頭痛と吐き気に襲われて、次の日の記憶がすっぽりありません。
 整体師さんによると、この頭痛と吐き気はマックスを通り越した肩こりが原因ではとのことでした。
 不肖、籘真千歳、その日まで「肩こりなんざ根性さえあれば乗り切れる!」と思い込んでいました。今後は気をつけます……。
 作家こんな状態でしたので、華麗なイラストを描いてくださった竹岡美穂様と早川書房様のお疲れのほどは想像を絶します。
 この場をお借りして心からお詫びするとともに、深く御礼申し上げます。


 そうして軽く心身を削ってみたりしながらも、『スワロウテイル人工少女販売処』の短編シリーズ第二回を皆様にお届けすることがかないました。
 今回はPDFファイルによるダウンロードでの配布ということで、

 無料です。

 本当です。
 今回は、読者の皆様への感謝の念を形にしてお届けするため、企画の初めから無償で書かせて頂くということで、担当様と申し合わせていました。
 初めての電子媒体での配布ということで、紙の書籍にも劣らないくらい気合いを入れた結果、異例の120枚という大ボリュームになってしまいましたが、SFマガジンに掲載された前の第一回の読者様はもちろん、この短編から籘真の本を読むという方にもお楽しみいただけるよう、今回も心を込めて書かせて頂きました。

 ダウンロードは、早川書房様のホームページから。
『スワロウテイル人工少女販売処 蝶と金貨とビフォアレントの雪割草』
http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000478

 表紙イラストはもちろん、竹岡美穂様です。今回も物語世界のイメージを彩る華麗なイラストを描いてくださいました。
 もしこの短編第二回をお楽しみいただけましたら、『S-Fマガジン 2011年2月号』に掲載された短編第一回、および長編と合わせてお読みになってみてください。それぞれの物語とクロスする世界と人物たちが、より鮮明に浮かび上がってくると思います。

 短編シリーズは、長編とはまた違った事件の背景を追っています。続編についてはまだどのような形でお届けするか未定ですが、ダウンロード数が皆様からのご反響として早川書房様に届くことになると思いますので、もしお気に召しましたら、無料配布のこの機会、せっかくですので周囲の方々にもお勧めくださいませ。そうして、作者と読者の皆様、出版社様も巻き込んで、『スワロウテイル~』の世界をたくさんの人と共有することができたなら、それはきっととても幸せなことだと思います。

それでは、今回はお礼とご報告まで。
スポンサーサイト
Copyright © 籘真千歳の夢見がちなプロセッサ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。