作家・籘真千歳のブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいことが、ありました……。
遠い人を思う


とても懐かしい方から、お電話を頂きました。

何年も前から仲良くしていた友人だったのですが、デビューが決まる前、私の至らなさから喧嘩別れのような形で互いに連絡を絶ってしまっていました。

それからずっと、携帯電話のアドレス帳やメール欄にその人の名前を見るたびに、ちくり、ちくりと胸を針で刺すような痛みがあって、何度となく名前をアドレス帳から消そうかと迷いました。
もうきっとお話しすることもない、できない、あわせる顔がない……私がいつまでもメールやアドレスを残していることを、むしろ向こうが心配したりしていたら……
そう思って消去しようとするのですが、いつも直前で指が止まってしまいます。
たくさんの思い出がよみがえってきて、名前を消してしまったらその思い出も全部ウソになってしまいそうで、全部間違いだったことになってしまいそうで……恐くてできなかったのです。

きっと、私はずっとこの重さのような、痛みのようなものを背負っていくのだろう、誰かと気まずいまま別れてしまうということはそういうことなんだと思いました。

ですからその人から今日、突然のお電話を頂いて、とても嬉しかった。
出版おめでとう、あなたならきっとデビューできると思っていた――。
その言葉に私は心を揺すられて、涙が出そうでした。


人と人の繋がりはとても不思議なものなんだと、あらためて思いました。
投げ捨ててしまうことはいつでもできるけれど、その痛みは自分の、相手の心にも、いつまでも残ります。

私たちは「出会い」を大抵選べない、そんな世界に生きているけれど、一度「出会って」しまったら、もうなかったことにできません。
ひとつひとつの出会いが自分自身の切り離せない一部で、きっと私たちはみんなそういうものの「かたまり」なんだろうと、そう思います。


物語を書いていると、人間やこの世界が、どうしてこんなに歪なんだろうと悲しくなるときもあるけれど、でも、やっぱりそんな歪さが、綺麗じゃないでこぼこの「かたまり」だから、こんなにも愛おしくて、書くことをやめられないんだろう。
そして、こんな素敵な奇跡から始まったこの一年は、きっとまた何度も泣きたくなるぐらい幸せな一年になる予感がする。

そんな風に思えた夜でした。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

作家さんいらっしゃい
 キープレイヤー戦術「降臨」が発動!>挨拶  いやね、コメントか拍手が来てないかなーなんて思いながら、今日はメンテだけしとこうと更... [続きを読む]
すたじおG 2009/01/22/Thu 19:15
Copyright © 籘真千歳の夢見がちなプロセッサ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。